もう妻相手ではたたなくなり、デリヘルを利用しました

結婚当初はかわいらしくて私の好みだった妻も、今ではブクブク太り、シワは増え、家に帰ってその姿をを見るたびにうんざりしてしまいます。夫婦の営みもなくなっていましたが、仮にあったとしても、もう妻ではアレが反応しないでしょう。若い女性のピチピチしたみずみずしい肌が恋しくなり、仕事帰りに曙町のホテルでデリヘル嬢と遊びました。ひとみちゃんはまだ20歳で、すべすべのしっとりとした肌に欲情は募るばかり。デリヘルでは女の子が男性客の体を舐めてくれるようですが、私はその肌を堪能したくて、ひとみちゃんの体のすみずみまで舌を這わせました。もちろん割れ目もベロベロと舐めまわしましたよ。若い子はいい味がしますね。穴にも舌を出し入れすると、汁がさらにあふれてきました。それをすすっていると、私も限界がきそうになってきたのでおっぱいに挟んでフィニッシュです。家に帰ると妻はすでに寝ていて、せっかくのいい気分が台無しにならなくてホッとしました。

あわせて読みたい